User's voice

岩見眼科
院長

岩見 達也 先生

受付業務の効率が良く、
患者さまの待ち時間を少なくできる!

ディアドクターなら、患者さんの待ち時間がグンと短縮できると確信しました

レセコンの導入を考えていた当初、電子カルテを導入する予定はありませんでした。しかし、先輩の村田先生のクリニックでディアドクターをみて驚きました。通常の紙カルテを用いた診療では、カルテを準備して診察を行った後、カルテに記入したコストを受付でレセコンに入力し清算書が出来上がります。しかし、レセコンと電子カルテをネットワーク環境で用いた診療スタイルでは、診察中に診療内容を入力し、受付のレセコンでデータを取り込むだけで清算書が出来上がり、事務作業に要する時間の大幅な短縮が可能となります。これだと受付業務の効率がよく、患者さんの待ち時間がグンと短縮できる!という確信を得ました。

眼科で電子カルテが使えないという大きな問題をクリア

眼科医が電子カルテを導入する際、誰もが抱える大きな問題があります。それは、「眼科に特化する眼底画像および数値データ(オートレフ)が少ない」ということです。しかし、ディアドクターと眼底画像等をリンクしてるシステムを連携し運用している村田先生の導入事例を聞いて安心しました。自分と同じ眼科での実績があるというのは、本当に心強いです。眼科に特化する画像および数値データが少ないという問題は、眼底画像等をリンクするシステムとの連携を取り入れることで解決しました。

電子カルテ・ディアドクターを導入された経緯

ディアドクターを既に導入されていた医療法人村田眼科様の院長、村田先生とお知り合い関係にあり、村田先生がディアドクターと院内機器の連携で利用されていた事に大変な驚きと興味を抱かれました。
岩見眼科様でも開業とともにディアドクターを導入されました。